神楽鑑賞で秋堪能

騎西の玉敷神社にて神楽が奉納されました。

神楽は 神座(かむくら)という言葉が起源とされ、神を迎える神事です。
古くは正能地区の氏子が父子相伝で伝承してきました。
江戸神楽の源流を伝え、様式的な所作を繰り返す点に特徴があります。
起源ははっきりしませんが、江戸時代初期には神楽が行われていたようです。

銀杏が色ずき陽光に照らされキラキラして秋を堪能です。
黄色の絨毯の上での歩行訓練で歩数も進みました 😆